在宅介護と保険

知っておきたい介護の知識

在宅介護も怖くない!介護保険を活用しよう!

祖父母や両親に急に家での介護が必要になったら、何からすればいいか迷ってしまいますよね。
家族がどのくらい時間を割かなければいけないか、家具や道具は何を揃えなければいけないかなどはそれぞれの状況によって異なります。
そんなときはケアマネジャーに相談してみましょう。
介護保険を使ってサービスを組むときのコーディネーターの役割をするのがケアマネジャーです。
担当のケアマネジャーが付いていなければ病院や市町村に相談して事業所を紹介してもらいましょう。
ケアマネジャーが中心となって、医療従事者など関係するスタッフの意見がまとめられ、必要なサービスを組むことになります。
家族の協力ももちろん必要ですが、できるだけ家族の負担にならないようにサービスを組むことを目指しますので、どこまで協力できるかよく相談してみるとよいでしょう。
初めて在宅で介護をするときは家族も不安でいっぱいになると思いますが、家族だけで抱え込まずに適切なサービスを使ってみんなで乗り切っていけるとよいですね。

在宅で無理せず介護を行うためには。

高齢化が進む現代社会において、介護は大きな問題となっています。
社会的にも問題として取り上げられてはいますが、家庭の中に手助けが必要な高齢者がいる場合は、家族にとっても大きな問題となっています。
高齢者自身や家族の希望で、在宅で介護を行っているという方も多くいると考えられます。
しかし、手助けを必要とする方が24時間目を離すことができない場合や、家族がそれぞれに仕事等の理由でずっと家にいることができない場合には、どのようにしていくべきなのかと不安に感じてしまいます。
そういった不安を解決していくためには、現在ある様々なサービスを利用するのが良い方法です。
デイサービスやショートステイ等の施設を、有効的に活用することで、家族の負担や不安を少しでも抑えることができるのではないかと考えられます。
地域の支援の制度等を確認し、家族が皆笑顔で過ごせるような在宅での介護を行っていくことが大切な事だと考えられます。

注目サイト

旭区にある歯科
http://sougawa-dc.com/

Last update:2017/4/10